コンブチャの正体と効能

By nunokawa ikumi, 2017年9月17日

コンブチャとは紅茶に砂糖と酢酸を加えて発酵させた物です。発行してゼリー状に固まった形がキノコに似ているため紅茶きのこと呼ばれていますが、きのこではありません。

最近ではダイエット効果があると言われるようになりました。酢酸と紅茶に含まれるポリフェノールは体に良い効能があります。

胃腸の働きを活性化させるので新陳代謝が良くなり便秘を改善されます。また、血管を拡張させる効能があるので血圧が下がりやすくなります。

生活習慣病を改善するために適した食材と言えるでしょう。ただし、本当のコンブチャはかなりクセがあって飲みにくく、食生活にとりいれるのは至難の業。

そこで便利なのが市販のコンブチャ製品です。最近出回っているコンブチャ製品はかなり飲みやすいということで、特に通販で購入すると手軽に手に入れることができるそう。

こちらのサイトにいくつかのコンブチャが紹介されていました。

>>コンブチャのダイエット効果口コミランキング

ドリンクタイプのコンブチャクレンズがおすすめされていましたが、それ以外にもコンブチャマナやキュッティと言った製品もあるらしく、しかもどれもおいしく飲めるということ。

昔のコンブチャのような飲みにくさはないということなので、是非気軽に始めたいですね。

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です