粉末青汁のいいところまとめ

By okuda misuzu, 2017年8月28日

手軽に野菜を摂取したいという願いに答え、サンスター粉末青汁は登場しました。

従来の青汁には苦くて不味いというイメージもあり、飲みにくいのが当たり前のものでした。

サンスター粉末青汁は飲む人の視点に立って改良を加え、しっかりと栄養素が含まれており、濃いのに飲みやすい粉末青汁に仕上がっています。

サンスター粉末青汁の特徴は、配合する野菜を吟味し、飲みやすいように配合された味にもあります。青汁には大麦若葉やケール、ブロッコリーといった野菜が含まれています。

これらの野菜はそれぞれに味が違い、青臭さの度合いや甘味にも差があります。

サンスター粉末青汁は野菜の配合を考え抜くことによって、さらりと飲める青汁を作り上げました。

青汁の基本となるケールは栄養がたっぷりと含まれていますが、苦みが強い野菜です。

これに明日葉を加えることによって、スパイシーで特徴ある味わいを作りました。

甘味を加えるためにはブロッコリー、そして粘りのあるモロヘイヤが加わることによって、青汁に出てしまいがちな喉に引っかかる粉っぽさを緩和しています。

これらの野菜それぞれの特徴を研究し、特性を熟知しながら苦みや甘味を調整することによって、多くの人にとって飲みやすいように作り上げられたのがサンスター粉末青汁となっています。

粉末状に仕上げられた青汁は、通常は水に溶いて飲みます。それでも苦味や青っぽさが少し気になるという場合には、牛乳やジュースなどのドリンク飲料に青汁を溶かして飲むのもおすすめです。

ドリンクにもさらりと溶ける粉末は飲みやすく、いつものドリンクをさらに美味しく仕上げてくれます。

栄養をたっぷりと含み、濃いのに飲みやすいサンスター粉末青汁ならば、毎日の生活や食事に抵抗なく取り入れることができるでしょう。

仕事や学校で多忙にも関わらず野菜不足で体調を崩しがちな人にとって、青汁は栄養を補い、体の調子を整えてくれる心強い相棒になっています。

でも、直接野菜を摂取する場合はベジセーフで洗うのがいいです。

農薬や化学肥料はもちろん、O157などのウィルスまでしっかり除去してくれるので安心です。

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です